自臭症とは自分が周りから臭いと思われていると思い込む精神疾患です。これは加齢臭に...

加齢臭の原因、対策、予防グッズ、女性の原因と対策、サプリメントやシャンプーなどのグッズ、口臭との関係など、加齢臭についての情報を掲載!

TOPページ > 旧コンテンツ > 加齢臭の基礎知識 > 自臭症

自臭症

自臭症とは自分が周りから臭いと思われていると思い込む精神疾患です。これは加齢臭に限らず、他の体臭すべてにこの疾患にかかる可能性があります。口臭、わきが、足のニオイなど。つまり多くの人が、この疾患になる可能性を持っているのです。几帳面で潔癖な人が、周囲の人の、本来なら取るに足らない行動も自分の臭いのせいだと思ってしまい、 嗅覚に幻覚を起こすこともあるそうです。

例えば、人との会話中や電車の中で、隣の人がたまたま席を立ったり、鼻をすすったり、咳き込んだり、といった何気ない行動に敏感に反応してしまうのです。加齢臭による自臭症は、ニオイの気になり始める40代以降に現れる症状と思われているようですが、実際は、思春期の若者に多いことが特徴です。

この時期は自分の容姿がとても気になる時期なので、自分の口臭や体臭にもとても敏感になっていることが原因と考えられています。自臭症は別名体臭恐怖症とよばれる恐怖症の一つで学校や会社などの社会的接触ができなくなってしまいます。最悪の場合、鬱症状を引き起こし、引きこもりや自殺に至ることもある、恐ろしい病気です。治療方法は専門家による面接治療や薬剤治療になります。

具体的には、自分の臭いが他人に迷惑をかけていないことを理解させるために、科学的に測定して数値的には問題がないことを示したり、きっかけとなった出来事を確認したりして、少しづつ自信を回復させていきます。

人気No.1 みつばちロード 柿渋石けん

柿渋石けん

みつばちロード 柿渋石けん
加齢臭に悩む社長自らが考案・開発しただけあって、その効果は抜群!テレビ・ラジオ・新聞などでも取り上げられるほどの人気!男性化粧品ボディケア部門でNo.1の実績もあり、効果を実感する人続出です!